4ステップアップガシャ-神魔の裁断-はオススメ?

オススメ度

評価 :5/6。

開催期間 2021/06/30 14:00 ~ 2021/07/15 13:59

いつもの周回イベント4ステップアップガシャですが、月初の周回イベント恒例行事となった期間限定排出の必殺技があります

ピックアップは新必殺技2種、既存必殺技2種の計4種になります。

ファイナルカイザーブレード」はマジンカイザーの第3必殺技パーツです。*期間限定排出SSRです。性能は不明であり、現状は予想をおきておきます。

基本的には前回の「ロングレンジライフル」のように無難に強い性能になると予想します。気力上昇ごとに攻撃・防御・照準UP、気力一定以上で必殺技威力・与ダメUP、斬撃・特殊ブレイクUP、必殺技命中時「覚醒」付与。といったところでしょうか、パワー寄りの性能で受けを重視する際は既存の必殺技とメイン入れ替えといった感じが予想されます。

第2必殺技のカイザーブレードの弱点であった照準値補正を加えつつ、攻撃・防御の補正値の底上げ、おまけに必殺技命中時、「覚醒」付与と第2必殺技を全体的に強化したような性能です。斬撃ブレイクUPが入っていなかったのは残念ですがシンプルに強力な必殺技パーツです。

デビルブロー」はデビルマンの第3必殺技パーツです。こちらも予想ですが後述のピックアップを見る限り特殊・打撃ブレイクUPは確定で入って来るでしょう。あとは戦闘回数or気力上昇で攻撃・運動UP、気力一定以上で運動、与ダメUP、敵の命中率一定以下で被ダメ軽減などと予想します。

戦闘回数に応じて運動UP、気力上昇ごとに攻撃・照準UP、サイズ差補正無視に加え新たなデバフである必殺技命中時「移動デバフ」を付与します。補正値は最新の必殺技よろしく高水準、サイズ差補正無視は与ダメージに関係して回避性能は据え置きですからサイズSSの恩恵を遺憾無く発揮できます。新アビリティと言える「移動デバフ」は敵を不利な地形に閉じ込めることができるなど戦略性の拡張として便利な効果であり、長い間不遇の期間を過ごしたデビルマンを一気に上位陣へ押し上げてくれる必殺技パーツです

カイザーブレード」はマジンカイザーの第2必殺技パーツです。*期間限定排出SSRです。最大100%の戦闘後デバフ無効と被弾・命中時気力上昇+を基礎に、気力が上昇するたびに攻撃力・防御力・必殺技威力UPと非常に高水準な必殺技パーツです。照準値の補正がオーブ頼りである点、戦闘開幕直後は出足が遅いなどの弱点はあるものの仕上がった際のパワー、耐久性は今でも限定武器の名に恥じぬ性能です。

デビルウィング」はデビルマンの第2必殺技パーツです。必殺技威力UPを基礎に反撃命中時確率で防御デバフを付与します。回避全盛期に登場したがゆえにサイズSSのデビルマンが暴れるのを危惧して運動補正無しで実装されました。必殺技スロットでも反撃命中時確率で防御デバフのみと強気の性能であり、ステータス補正は0、唯一のデバフ効果も「反撃時」「確率依存」の二重苦ですから趣味の枠を出ない性能です。第3必殺技のデビルブローに打撃ブレイクUPが付けばSSR打撃技として活躍できる可能性のあるピックアップです。*第3必殺技に打撃ブレイクUPがつかなかったため、そこそこ火力の必殺技、たまに防御デバフもできるよ!といった立ち位置となりました。特に第3必殺技と相性がいい性能とは言えず文句なしのハズレ枠といった不遇な立ち位置となります。

総評

ファイナルカイザーブレード」は斬撃ブレイクUPこそつかなかったものの、シンプルに高性能な必殺技、「デビルブロー」も高水準なステータス補正に加え新たなデバフを獲得し一気に上位層に食い込んできた感じです。この2種はどちらが当たっても自軍戦力の増強に一役買ってくれるでしょう。既存ピックアップも期間限定必殺技であった「カイザーブレード」の初復刻が目を引きます。唯一「デビルウィング」だけは性能的にも見劣りしており残念枠と言えますが4分の3で超強力な必殺技パーツが揃ってますから内容で言えば非常にオススメできるガシャと言えるでしょう。

以上です。第2章part2をクリアしたユーザーなら予想できたガシャではないかなといった感じです。1つ予想外を挙げるとするなら限定必殺技である「カイザーブレード」の復刻でしょう。過去の期間限定必殺技復刻は1周年アニバーサリー時の「ゲッタービーム」&「トランザム連続攻撃」同時ピックアップガシャのみでしたし1.5周年アニバでは影も形もなかったので2周年に期待するしかないか?といった感じでしたがよもや新技と一緒に復刻してくるとは夢にも思いませんでした。今後もこのような形式で復刻がなされるというなら期間限定のハードルも少しは下がってくるでしょう。今回だけという可能性もまだ捨てきれません今後の展開に期待できるガシャであるというのは確実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。