グレートブラスターの考察

攻略適性 5段階評価

周回イベント(自操作)4.0/5.0点
 制圧戦 3.5/5.0点
迎撃戦3.0/5.0点
必殺技スロット3.0/5.0点
 サブスロット1.5/5.0点
昇格優先度2.0/5.0点
レア度タイプ威力命中射程アクション回数
SSR特殊215(240)%+50%1~33(2)3(5)
SSR+特殊255%+60%1~325
HP攻撃力防御力照準値運動性
SSR283531502940225189
SSR+292532103000231195
メインアビリティ・攻撃&防御タイプの攻撃力・防御力が13.5(16)%増加する。マジンエンペラーG装備時、気力が10上昇する毎に、攻撃力・防御力・照準値が4(5)%、グレートブラスターの必殺技威力が5(10)%増加する。グレートブラスター命中時、自分に「熱血」「根性」を発動する
必殺技アビリティ・気力が10上昇する毎に、グレートブラスターの必殺技威力が2.5(5)%増加する。グレートブラスター命中時、自分に「熱血」「根性」を発動する
サブアビリティ攻撃力・防御力アップⅢ
・攻撃力・防御力が2(2.5)%増加する

SSR+後のアビリティ

メインアビリティ・攻撃&防御タイプの攻撃力・防御力が17.5%増加する。マジンエンペラーG装備時、気力が10上昇する毎に、攻撃力・防御力・照準値が5%、グレートブラスターの必殺技威力が11%増加する。グレートブラスター命中時、自分に「熱血」「根性」を発動する
必殺技アビリティ・気力が10上昇する毎に、グレートブラスターの必殺技威力が5.5%増加する。グレートブラスター命中時、自分に「熱血」「根性」を発動する

ユニークアビリティ

命中率アップ命中率が5(15)%増加する

取得オーブ「[+]皇帝の操縦者」

全ての攻撃の与ダメージが4(20)%増加し、気力が10上昇する毎に、防御力が1(3)
%増加する

第2章part12」にて追加されたマジンエンペラーGの必殺技パーツです。

第1必殺技として申し分ない性能を持つ必殺技パーツです。

攻撃・防御UP、気力上昇ごとに攻撃・防御・照準・当該必殺技威力UP、当該必殺技命中時、「熱血」「根性」を付与を持ちます。

気力上昇ステUPは5%とまずまずですが無条件の攻撃・防御UPを持つため気力上昇ステ8%UP組と同等の倍率となるのでしっかり強く、固くなってくれます。「強靭(鉄也)」によって気力上限+が発動可能となるのでできるなら欲しい部分ですがこのオーブは第3オーブということで交換所には存在しないので狙って交換するのにはタイミングが必要となってきます。一応、本項目では目安として気力170も記載します。

攻撃力を9000と仮定し、敵の防御力0、気力150、オーブ0、戦闘回数5回、特性0の支援ユニット装備時(サブアビリティのみ考慮)の火力まとめ

特性0特性5
タイプ強化Ⅲ
(攻撃・防御)
3713547123
気力170
タイプ強化Ⅲ
(攻撃・防御)
4287956377

特性が上がるごとに大きく必殺技威力UPの補正値が上がっていくのでしっかり火力が上がってくれます。気力上昇による性能UPの上がり幅も大きく、気力上限+を狙ってガシャを引くのは難しいですから持っているなら気力上限+のアビリティチップを利用するのも1つの手でしょう。(まぁこれもほぼ期間限定ですのでなんとも言い難いですが)

また、上記の火力を発揮しながら「熱血」「根性」を自身に付与します。「熱血」に関しては高火力となるこの必殺技をぶっ放した後に付与されるので返しの必殺技用といった使い道しかないので能動的に使える強みは薄いですが、「根性」に関しては耐久を活かして前線に出ることが多くなるエンペラーのリカバリー手段として重宝してくれます

グレートブースター」の必殺技威力UP、「バックスピンキック」の「根性」とグレートマジンガーの長所をしっかり受け継ぎ、本来ならばこのままフェードアウトしていくしかなかったであろう剣鉄也をしっかり主人公クラスまで引き上げてくれる必殺技パーツです。

装備はメイン?必殺?

メインで使用しましょう。

リセマラ優先度 A→B

現在は第1回共闘戦の交換で交換可能ですから優先度は高いですが、その後は第2章part12まで進めるor今後セレクトに追加されるのを待つといったことになるでしょうから時期によってオススメ度が変化します。

引けたら当たり?

現状そこそこ止まりでそのままフェードアウトする可能性が高かった剣鉄也をエースクラスに引き上げてくれる必殺技です。乗り換え前の最強武装もサブとしてエンペラーに引き継ぐことが可能ですから後継機の中では非常に優遇されている方でしょう。十分に「当たり」と言える必殺技パーツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。