サイコ・ヴォイスの考察

攻略適性 5段階評価

周回イベント(自操作)4.0/5.0点
 制圧戦 3.5/5.0点
迎撃戦1.5/5.0点
対決戦3.0/5.0点
必殺技スロット2.0/5.0点
 サブスロット1.0/5.0点
昇格優先度1.0/5.0点
レア度タイプ威力命中射程アクション回数
SSR特殊255(285)%+65%1~33(2)2(3)
SSR+特殊290%+8080%1~323
S
HP攻撃力防御力照準値運動性
SSR337528802820264165
SSR+346529402880270171
ブレイクゲージポイント弱点
1500打撃/ビーム/特殊
メインアビリティ・覚醒人1号装備時、移動力が1増加する(効果は重複しない。効果の最も高いもののみ有効)。覚醒人1号装備時、攻撃力・照準値が12(14.5)%増加し、気力が10上昇する毎に攻撃力・防御力・照準値が4.5(5.5)%が増加する。気力130以上のとき、防御力・命中率が15(20)%増加する。覚醒人1号装備時、周囲5マス内の敵ユニットの全ての攻撃の与ダメージを12(17)%減少させる(効果は重複しない。効果の最も高いもののみ有効)。サイコ・ヴォイス命中時、敵ユニットに「挑発」を発動する
必殺技アビリティ・移動力が1増加する(効果は重複しない。効果の最も高いもののみ有効)。気力が10上昇する毎に防御力・照準値が1(2)%増加する。サイコ・ヴォイス命中時、敵ユニットに「挑発」を発動する
サブアビリティ防御力・照準値アップⅢ
・防御力・照準値が2(2.5)%増加する

SSR+後のアビリティ

メインアビリティ・覚醒人1号装備時、移動力が1増加する(効果は重複しない。効果の最も高いもののみ有効)。覚醒人1号装備時、攻撃力・照準値が16%増加し、気力が10上昇する毎に攻撃力・防御力・照準値が5.5%が増加する。気力130以上のとき、防御力・命中率が20%増加する。覚醒人1号装備時、周囲5マス内の敵ユニットの全ての攻撃の与ダメージを17%減少させる(効果は重複しない。効果の最も高いもののみ有効)。サイコ・ヴォイス命中時、敵ユニットに「挑発」を発動する
必殺技アビリティ・移動力が1増加する(効果は重複しない。効果の最も高いもののみ有効)。気力が10上昇する毎に攻撃力・防御力・照準値が2%増加する。サイコ・ヴォイス命中時、敵ユニットに「挑発」を発動する

ユニークアビリティ

回避率アップ回避率が5(10)%増加する

取得オーブ「[+]戦意高揚(蛍汰)」

攻撃力・照準値が3(15)%増加する。(HPが5000増加する。)気力上限が5(10)増加する(効果は重複可能)。出撃後1度だけ、戦闘終了時にHP50%以下のとき、「根性」がかかる

音速を、人を超えて」にて追加された覚醒人1号の第3必殺技パーツです。

ベターマンに全てを委ね、戦闘を優位に進める必殺技パーツです。

第2必殺までの戦闘回数ステUPから気力上昇ステUPになったことで制圧戦等の汎用性が向上しました。しかしそうすると「シナプス弾撃・射撃」のデバフ無効効果が必殺スロットで確率発動になってしまうため自身の高難度適性は少し下がってしまいますが、新たに与ダメージ減少効果を持つ周囲デバフを獲得し、今までとは違った高難度適性を持つ機体へと強化されました。

新アビリティとなる与ダメージデバフ効果ですが、与ダメージUP効果を持つ敵はもとより、与ダメージUP効果を持たない敵に対してもデバフ効果が発動します

与ダメージ30%UPを持つ敵ならば13%UPへ減少、与ダメージUPを持たない敵なら、そのまま与ダメージを17%軽減してくれます。この効果は「ブレストファイヤー」などのダメージ軽減効果と合算され「輻射波動機構(紅蓮聖天八極式)」などの軽減バリアとは別口で計算されます。

覚醒人自身はデバフ無効が確率発動となりタンク性能が下がりますが、周囲デバフということで自身は後方で待機しつつ、マジンカイザー等のタンク性能の高い機体の耐久性をさらに向上させることが可能になります。自身は第1・2必殺技で適したデバフを敵に付与しつつ、周囲デバフも含めタンク役の被ダメを大きく下げるといったサポート性を大きく飛躍させた性能といえます。

攻撃力を9000と仮定し、敵の防御力0、気力170、オーブ0、戦闘回数5回、特性0の支援ユニット装備時(サブアビリティのみ考慮)の火力まとめ

特性0特性5
攻撃補正なし3984947485

ベターマン・ネブラが攻撃するお陰で非常に高い必殺技威力を持つためそこそこダメージソースとしても役立ってくれるでしょう。「挑発」付与を持つので敵の必殺技に合わせて「[+]戦意高揚(蛍汰)」のオーブによる「根性」を誘発させることもできますが、上記のように装備次第ではデバフ無効が確率発動となって自身のタンク性能が下がっていますし、特性を上げても3回までしか手伝ってくれませんから、対決戦で厄介な敵を自身に集中させたりがメインの使い方といえるでしょう。

制圧戦では後方支援がメインとなるでしょうが、対決戦では逆に最前線に出て敵陣をかき乱すデコイタンクとして活躍してくれます。気力130までもっていけば耐久・命中ともに底上げされ、敵の与ダメージUP効果を中和しつつ、自身は様々なデバフをばら撒き、「挑発」で厄介な敵を自身に釘付けにしつつ、「[+]戦意高揚(蛍汰)」で減ったHPを回復と、ハマれば八面六臂の活躍が期待できます。

装備はメイン?必殺?

メインで使用しましょう。

リセマラ優先度 B

覚醒人は既存の必殺技と合わせて用途に合ったデバフを撒くといった性能ですので、この必殺技をリセマラでわざわざ狙うほどではないでしょう。

引けたら当たり?

制圧戦・対決戦と局面によって立ち回り方が大きく変わる面白い必殺技パーツです。迎撃戦に対する適正はほぼないですが、エンドコンテンツ2種に居場所があるのは非常に魅力的であり、文句なしに「当たり」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です