ヴルトガの考察

レア度タイプ威力命中射程アクション回数
SSRビーム170(195)%+25%1~33(2)3(5)
HP攻撃力防御力照準値運動性
234029102550249195
メインアビリティ・攻撃&命中タイプのMAPW以外の射程+1、攻撃力が13(18)%UP。気力10上昇ごとに、ヴルトガの必殺技威力12(17)%UP。ビーム属性の全ての攻撃のブレイク減少量65(90)%UP
必殺技アビリティ・攻撃&命中タイプのMAPW以外の射程+1。気力10上昇ごとに、ヴルトガの必殺技威力6(8.5)%UP
サブアビリティ・メインスロットのビーム属性の必殺技威力8(11)%UP

ユニークアビリティ

ダメージUP(自アクション)自分のアクション時のみ、全ての攻撃の与ダメージが1(15)%UP

流れ出る記憶-ダーク4ステップアップガシャ」にて追加されたヴァルヴレイヴⅠの第3必殺技パーツです。

全機体No1の必殺技威力を持つ超火力必殺技です。

必殺威力UPは気力10ごと、なので最大で235(280)%となりますがこの数値は「ハラキリ・ブレード」と同じで全機体トップの数値を誇ります。

そしてそこに攻撃補正が加わるため、攻撃力を9000と仮定し、気力150、特性0のタイプ強化Ⅲ(攻撃・命中)×4をセットした際の火力は31376(38833)とその火力は並の攻撃特化すら抜き去る超火力を発揮します。それを射程4から放てるのですから規格外の性能と言えるでしょう。

気力の方も「闘争心(ハルト)」のオーブにより攻撃命中時気力上昇量+2を獲得したので少しは楽になりましたし、ブレイク減少量UPも通常攻撃がビームである本機と噛み合っていますから、隙の無い強さを手に入れたといえます。

射程4からのビームブレイクやここぞというときの超高火力の1撃など多岐にわたって活躍できる必殺技パーツです。

しかし高難度に噛み合った性能とは言い切れない部分もあります。

周回イベントなどでは気力150まで持っていくには「激励」などのサポートが必須ですし、第4回制圧戦ではこの機体の仮想敵であるビーム・斬撃弱点のボスは両機とも通常射程4であるためせっかく手に入れた射程+1が全く活きません。

全てを火力に捧げている関係上、防御面はからっきしですから殴り合いとなると途端にボロが出る部分があります。最新の武器が現状の高難度イベントにそこまで適してないというのは少し勿体無い部分です。

とはいえ殴り合いは不利ですが、1撃で4万近い火力を精神も使わずに叩き出すのはやはり驚異ですから数ステージを跨ぐサブアタッカーではなく1ステージのボスキラーとして使用すれば目覚ましい活躍を見せてくれるでしょう。使い方次第で評価のガラッと変わる面白い武器です。

装備はメイン?必殺?

ヴァルヴレイヴⅠは3種類必殺技がありますが、攻撃補正+超火力を発揮できるこの武器をメインにするのが1番活躍できます。

リセマラ優先度  A

射程4で攻撃できるのはゲーム序盤ではありがたいです。必殺技も特性0ですら十分な火力を出しますからオススメできます。

引けたら当たり?

高火力必殺技を射程4から放てるというだけでも十分「当たり」と言えます。第4回制圧戦では少し噛み合わない部分もありますがそれは「第4回制圧戦だけ」が噛み合っていないとも捉えれますし、ボスキラーとしては1級品の火力を持っていますから使っていて楽しい必殺技パーツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。