カアス・ハーマーの考察

攻略適性 5段階評価

周回イベント(自操作)4.0/5.0点
周回イベント(オート)4.0/5.0点
 制圧戦 4.5/5.0点
迎撃戦4.0/5.0点
必殺技スロット4.0/5.0点
 サブスロット1.5/5.0点
レア度タイプ威力命中射程アクション回数
SSR打撃185(225)%+50%1~333(5)
HP攻撃力防御力照準値運動性
270030002760207189
メインアビリティ・攻撃&防御タイプの移動力が1増加する(効果は重複可能)。ディーダリオン装備時、気力が10上昇毎に攻撃力・防御力・照準値が6(7)%増加する。カアス・ハーマー命中時、自分に「覚醒」「直撃」を発動する。気力130以上のとき、75(100)%の確率で新たに受けるアビリティによる弱体効果を無力化する。被ダメージ時の気力上昇量が1(2)増加する
必殺技アビリティ・攻撃&防御タイプの移動力が1増加する(効果は重複可能)。気力が10上昇毎に攻撃力・防御力・照準値が1.5(2.5)%増加する。カアス・ハーマー命中時、自分に「覚醒」「直撃」を発動する。被ダメージ時の気力上昇量が1増加する
サブアビリティ必殺技威力アップⅢ(打撃)
・メインスロットの打撃属性の必殺技威力が8(11)%増加する

ユニークアビリティ

運動性アップ(気力)気力120以上のとき、運動性が1.2%増加する

取得オーブ「ネフェシェ」

HPが5000(25000)増加する。気力130以上のとき、ステージ中一度だけ「魂」(「必中」)がかる

「天魔の闘諍」にて追加されたディーダリオンの第3必殺技パーツです。*期間限定必殺技パーツです。

高水準でまとまった地力が特徴的な必殺技パーツです。

移動+1を基礎に、ディーダリオンへ専用セットすることで気力上昇10毎に攻撃・防御・照準UP、気力130以上で新たに受ける弱体効果無効、被ダメージ時の気力上昇+、カアス・ハーマー命中時、自身に「覚醒」「直撃」を付与します。

なんといっても気力上昇毎のステータスUPが目を引きます。気力150で攻撃・防御・照準30(35)%UP、ディーダリオンは特殊オーブイベントにて「気力上限+20」の効果を持つオーブを配布された経験があり、気力170では42(49)%UPまで跳ね上がります。

火力の方は攻撃力を9000と仮定し、気力150、オーブ0、特性0のタイプ強化Ⅲ(攻撃・防御)×4での必殺技が27955(35164)と高火力、イベントオーブがあれば気力170まで上がりますから火力はさらにブーストします。そしてここから「覚醒」「直撃」が付与されます。「直撃」によって追撃時には攻撃10%UPに加えバリア効果・サイズ差によるダメージ軽減無効によって安定したダメージを叩き出してくれるでしょう。

また耐久面でも高倍率な防御UPに加え気力130以上で75(100)%の確率で新たに受ける弱体効果無効により厄介なデバフ効果を無効にして高い壁性能を発揮できます。この新たに受ける弱体効果無効は戦闘時のみのデバフや気力デバフには無力ですが戦闘後に付与され重複するデバフ効果を全てシャットダウンしてくれますから壁性能としては非常に効果の高いアビリティです。

非常に強力な性能のオンパレードですが、唯一の弱点で戦闘開幕時の出足の遅さは注意が必要です。戦闘開幕時にはステータス補正無し、被ダメージ時の気力上昇+がありますが効果は特性5でも+2と控えめであり、それ以上に気力を溜めるために敵の攻撃を受け続けている時が1番性能が低い時であるというのは気になる部分でしょう。気力130までいかなければデバフ無効も発動しませんからこのタイミングでデバフを入れられると一気に厳しくなるでしょう。初動と仕上がった際の差が激しい性能ですから「激励」等でサポートしてあげればグッと扱いやすくなります。

初動の弱さはありますが仕上がった際の性能は他を寄せ付けない程にまで達します。気力持ち越しで進んでいく「制圧戦」では非常に頼りになる戦力となるでしょう。壁役でありながらアタッカーとしても一級品、味方を敵の猛攻から守りつつ全てを砕く拳を我々に見せてくれるでしょう。期間限定武器に相応しい強力な必殺技パーツです。

装備はメイン?必殺?

メインで使用しましょう。

リセマラ優先度 S

2021/04/15までの限定排出となりますがそれまでに始めたユーザーなら1番にオススメできる必殺技パーツです。

引けたら当たり?

初動の遅さは気になるでしょうが仕上がった際の性能は最上級であり、サポートを絡めれば初動の弱さも十分カバーできる程度です。文句なしに「当たり」と言える必殺技パーツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。