ローテート・アサルトの考察

攻略適性 5段階評価

周回イベント(自操作)4.0/5.0点
周回イベント(オート)4.0/5.0点
 制圧戦 4.0/5.0点
迎撃戦4.0/5.0点
必殺技スロット4.0/5.0点
 サブスロット1.5/5.0点
レア度タイプ威力命中射程アクション回数
SSR打撃190(230)%+75%1~43(2)3(6)
HP攻撃力防御力照準値運動性
243027302580216255
メインアビリティ・ブラックサレナ装備時、戦闘回数に応じて攻撃力・防御力・運動性が4(5.4)%増加する(最大20(27)%)。ローテート・アサルト命中時、攻撃力・防御力・照準値・運動性が15(20)%増加する強化効果を自分に付与する(3アクションの間有効)。実弾・打撃属性の全ての攻撃のブレイクゲージ減少量が85(110)%増加する
必殺技アビリティ・ローテート・アサルト命中時、攻撃力・防御力・照準値・運動性が10(15)%増加する強化効果を自分に付与する(3アクションの間有効)。ローテート・アサルトのブレイクゲージ減少量が35(45)%増加する
サブアビリティダメージアップⅢ(打撃)
・全ての打撃属性の与ダメージが7(10)%増加する

ユニークアビリティ

ブレイクアップ(斬撃)斬撃属性の全ての攻撃のブレイクゲージ減少量が5(25)%増加する

取得オーブ「覚悟(アキト)」

攻撃力が5(25)%増加する。気力が120、150以上のとき、ステージ中一度「熱血」(「集中」)がかかる

「涙は赤く、血は黒く」にて追加されたブラックサレナの第3必殺技パーツです。

高水準にまとまった超強力な打撃ブレイク必殺技です。

ブラックサレナ専用セットで戦闘回数に応じて攻撃・防御、運動UP、実弾・打撃ブレイクUPに加え、ローテート・アサルト命中時、自身に3アクション継続の攻撃・防御・照準・運動バフを付与します。戦闘回数5回でMAXとなり、必殺技命中時のバフと合わせると攻撃・防御・運動35(47)%・照準15(20)%UPとなります。

字面だけ見ればもはや何タイプの機体か不明ですが、それゆえにシンプルに地力が高くなります。必殺技命中時のバフ効果は3アクション継続、ローテート・アサルトは特性を上げれば2アクションで発動可能ですから連続で使用した際は1アクションのみですが重複発動します。

火力の方は攻撃力を9000と仮定し、気力150、オーブ0、戦闘回数5回、下記の特性0支援ユニット装備想定での必殺技を下表にまとめます。

特性0特性5
バフ効果無し
「アキトを支える少女」×4
2674434263
バフ効果有り
「アキトを支える少女」×4
3008739659
バフ効果無し
「フェラリオの導き」×4
2359830232
バフ効果無し
「フェラリオの導き」×4
2654734993

直近で上方修正された専用支援の効果も相まって非常に高火力を出せるようになりました。ここから第1必殺技の基礎ステータス+やオーブアビリティを含めればさらに火力は伸びますし、この火力を出しながら実弾・打撃ブレイクUPもついてくるのは非常に強力です。

特に打撃ブレイクに関しては現状思い当たる戦力であるヴァルヴレイヴⅣ・ガオガイガー・ガウェインのどれもが耐久性に難があるため、第6回制圧戦最終エリアのスローネツヴァイ戦が鬼門となっているユーザーがSNS等で多く散見されましたが、まさにここでは最高クラスの適性を持ちます。自身のもつ第1〜3必殺技は全て打撃属性のため打撃ブレイクUPが噛み合いますし、防御・運動ともにオーブ0想定でも気力150、戦闘回数5回で防御力14000、運動1400に達し、必殺技のバフを加えれば防御16000、運動1650程になりますから十分に殴り合うことができるのは驚異の性能と言えるでしょう。オーブさえ育てればワンサイドゲームも十分に可能であり、現状最強の打撃ブレイカーです。

戦闘回数に応じたステータスUPは制圧戦等では拠点ごとに補正がリセットされるためどうしても初動に不安が残りますから大事な場面では「不屈」等で戦闘回数を稼ぐ立ち回りを意識しましょう。仕上がって仕舞えば攻防ブレイクなんでもござれな万能機体へ変貌を遂げる強力な必殺技パーツです。

装備はメイン?必殺?

メインで使用しましょう。

リセマラ優先度 A

打撃ブレイカーは上記の通り癖の強いメンツが多く選出に苦労します。唯一マルチに活躍できるこの必殺技でリセマラするのは十分にオススメと言えるでしょう。

引けたら当たり?

今まで控えめに言っても倉庫番に近かったブラックサレナを1軍クラスまで一気に引き上げてくれる性能を持っています。また層の薄い打撃ブレイク枠の救世主とも言える存在ですから文句なしの「当たり」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。