強襲(ガンダムデスサイズヘル)の考察

レア度タイプ威力命中射程アクション回数
SSR斬撃170(195)%+50%1~23(2)3(5)
HP攻撃力防御力照準値運動性
234029102460210249
メインアビリティ・攻撃&回避タイプの攻撃力・運動性が12(14.5)%UP
・気力120以上のとき、50(85)%の確率で全ての攻撃の与ダメージが25(33)%UP、20(30)%の確率で攻撃を完全に回避
必殺技アビリティ・気力120以上のとき、50(85)%の確率で全ての攻撃の与ダメージが12.5(16.5)%UP、10(20)%の確率で攻撃を完全に回避
サブアビリティ・攻撃・運動性が2(2.5)%UP

ユニークアビリティ

ダメージアップ(気力)気力120以上のとき、全ての攻撃の与ダメージが1(15)%UP

第1章Part9 4ステップガシャ」にて追加されたガンダムデスサイズヘルの必殺技パーツです。

高い性能に確率で火力上乗せのダメージアップ、確率で攻撃完全回避と最新武器らしいモリモリ効果です。

ダメージUPは確率ですから戦闘画面のダメージ表記には反映されず、戦闘開始時にアビリティが発動し火力が上がります。ある意味、従来のクリティカルみたいなものと思えばわかりやすいでしょう。

これに加えて確率で攻撃完全回避があり、これは必殺技だろうが命中100%だろうが回避します。

敵陣に突っ込んで敵の攻撃をかいくぐり、高い火力で敵を殲滅する様は正に死神です。

しかし安定感がなく、安心して戦闘を任せられるとは言えません。

強力な効果のほとんどが確率依存であり、発動しなければ火力もソコソコ、普通に攻撃が当たるとなれば原作同様にボロボロになっていきます。

ダメージアップは大体発動しますが、回避は信頼を置けるほどの確率ではないです。制圧戦等の高難度では普通に攻撃を当てられてしまいますし、そこで攻撃を1~2回避けても焼け石に水です。また確率回避は戦闘開始時に抽選されるため、そもそも回避できる攻撃にも発動するため「ここじゃないのに!」と思うことも出てくるでしょう。

しかし下振れがあれば上振れもあるわけで、かみ合った際の活躍は素晴らしいですから面白い武器でしょう。

装備はメイン?必殺?

デスサイズヘルのSSRは現状この1枚しかありません、メイン装備で使いましょう。

リセマラ優先度 B

参戦が非常に遅い機体です。手に入れても使えなければ面白くもないでしょう、人気な機体ですしここは何かしらの改善が欲しくもあります。

引けたら当たり?

安定感はありませんが、上振れした際の性能は素晴らしいので概ね「当たり」と言えるでしょう。全く使わないならチップにするのもオススメします。

“強襲(ガンダムデスサイズヘル)の考察” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。