火炎十文字斬りの考察

攻略適性 5段階評価

周回イベント(自操作)3.5/5.0点
周回イベント(オート)4.0/5.0点
 制圧戦 4.0/5.0点
迎撃戦4.5/5.0点
必殺技スロット3.5/5.0点
 サブスロット2.5/5.0点
レア度タイプ威力命中射程アクション回数
SSR斬撃160(230)%+50%1~224(5)
HP攻撃力防御力照準値運動性
270030302730210192
メインアビリティ・攻撃特化タイプの防御力・照準値が13(15.5)%増加する。被ダメージ時と攻撃命中時の気力上昇量が1(6)増加する。ダルタニアス装備時、気力150(140)以上のとき、攻撃力が19.5(24.5)%増加する。火炎十文字斬り命中時、敵ユニットの気力を25(30)減少させる(100より減少しない)
必殺技アビリティ・被ダメージ時と攻撃命中時の気力上昇量が1(6)増加する。火炎十文字斬り命中時、敵ユニットの気力を20(25)減少させる(100より減少しない)
サブアビリティ防御力アップⅢ
・防御力が3.5(5)%増加する

ユニークアビリティ

HP回復(アクション開始時)アクション開始時にHPが50%以下のとき、ステージ中一度だけ最大HPの20(60)%を回復する(上限3000(9000))

取得オーブ「エリオス王家の血」

攻撃力が4(20)%増加する。自分のアクション開始時に気力が2(3)上昇する

「ワールド6」にて追加されたダルタニアスの必殺技パーツです。

強力な気力上昇と気力デバフが特徴的な必殺技パーツです。

防御・照準UPを基礎に被ダメージ時&攻撃命中時に気力上昇+、ダルタニアスに専用セットで気力150(140)以上で攻撃UP、火炎十文字斬り命中時、気力デバフを付与します。

専用セットによって気力条件はありますが高い攻撃補正を獲得します。火力の方は攻撃力を9000と仮定し、気力150、オーブ0、特性0のタイプ強化Ⅲ(攻撃)×4での必殺技が24757(36778)となります。この火力をベースに2アクションで気力デバフを撒き散らすことができるのは便利です。

攻撃UPは気力150(140)以上でなければ発動しませんが、自身のもつ被弾時、攻撃命中時の気力上昇+によって狂ったように気力を上げていきます。通常の被ダメージ&攻撃命中時の気力上昇は+1ですのでアビリティと合わせて攻撃命中で+2(7)、被ダメージで+2(7)の一回戦闘するだけで+4(14)も気力が上がっていくので特性5では4回戦闘をこなすだけで気力150に到達します。流石にこれほどの速度で上がっていきますから気力条件は有って無いようなものです。

自身は上記のように訳のわからん速度で気力を上昇させつつ、2アクションと爆速で敵の気力を下げていく様は見ていて気持ちがいいでしょう気力デバフは制圧戦での攻略に便利な能力であり、その高い地力から1種しかSSR必殺技のない現状でも高難度の攻略にしっかり対応できる力を持っています。また、その気力上昇スピードから迎撃戦の「気力MAXボーナス」の取得もスムーズにこなせてポイントゲットに貢献できるなど、2種のエンドコンテンツにて高い適性を発揮する必殺技パーツです。

しかし、この活躍は「特性5」前提な部分もあります。必殺技威力はご覧のとおり特性0ではたった160%しかありませんし、気力上昇+も命中、被ダメで+4では気力150まで持っていくには中々しんどいです。攻撃UPが発動しなければ攻撃特化か疑うほどに火力も出ませんから全てがガタガタになります。特性5とはいかずともせめて特性3はないと高難度に耐えうる性能は発揮できないでしょう特性上げは初心者には難しい部類の育成ですのでここが最大のネックポイントです。

ただ特性が上がった際の活躍は上記の通りであり、今後第2必殺技が実装された際に必殺技スロットへ入れたとしても狂った気力上昇+と気力デバフがしっかり残っているのでダルタニアスの使いやすさの根幹を担う様になるでしょう。貴重な特性素材を使うに足る性能をしっかり持った強力な必殺技パーツです。

装備はメイン?必殺?

メインで使用しましょう。

リセマラ優先度 B

序盤から参戦しますが上記のように特性0ではめざましい活躍は期待できません。リセマラで1枚だけ獲得しても・・・というところがあります。

引けたら当たり?

活躍するには特性上げ前提といった厳しい部分がありますが、その分特性を上げた際には見違えるような活躍をしてくれます。特性を上げることで明確に強くなっていく様を見るのは面白さもありますし、気力デバフを放つだけの一発屋としてなら特性0でも十分仕事できます。間違いなく「当たり」と言える必殺技パーツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。