ウェイブ・ライダー突撃の考察

攻略適性 5段階評価

周回イベント(自操作)4.0/5.0点
 制圧戦 3.5/5.0点
迎撃戦3.0/5.0点
必殺技スロット3.5/5.0点
 サブスロット0.5/5.0点
昇格優先度1.0/5.0点
レア度タイプ威力命中射程アクション回数
SSR打撃215(240)%+50%1~33(2)3(5)
SSR+打撃255%+60%1~325
HP攻撃力防御力照準値運動性
SSR238529702340264270
SSR+247530302400270276
メインアビリティ・攻撃力が15(20)%、照準値・運動性が19(24)%増加し、「宇宙」の地形にいるとき、攻撃力・照準値・運動性が4(5)%増加する。気力が10上昇する毎に、攻撃力・照準値・運動性が3(4)%増加する。Zガンダム装備時、機体の元々の地形適応が宇宙A以下だった場合、ステージ中、宇宙Sにランクアップする。ビーム・打撃・斬撃属性の全ての攻撃のブレイクゲージ減少量が75(100)%増加する
必殺技アビリティ・攻撃力が6(8.5)%増加する。機体の元々の地形適応が宇宙A以下だった場合、ステージ中、宇宙Sにランクアップする
サブアビリティ必殺技威力アップⅢ(打撃)
・メインスロットの打撃属性の必殺技威力が8(11)%増加する

SSR+後のアビリティ

メインアビリティ・攻撃力が22%、照準値・運動性が25%増加し、「宇宙」の地形にいるとき、攻撃力・照準値・運動性が5%増加する。気力が10上昇する毎に、攻撃力・照準値・運動性が4%増加する。Zガンダム装備時、機体の元々の地形適応が宇宙A以下だった場合、ステージ中、宇宙Sにランクアップする。ビーム・打撃・斬撃属性の全ての攻撃のブレイクゲージ減少量が110%増加する
必殺技アビリティ・攻撃力が13%増加する。機体の元々の地形適応が宇宙A以下だった場合、ステージ中、宇宙Sにランクアップする

ユニークアビリティ

ブレイクアップ(実弾)実弾属性の全ての攻撃のブレイクゲージ減少量が5(25)%増加する

取得オーブ「[+]見切り(カミーユ)」

命中率・回避率が4(20)%、気力上限が10(30)増加する(効果は重複しない。効果の最も高いもののみ有効)

ディナイ・イグジスタンス」にて追加されたZガンダムの第5必殺技パーツです。

宇宙ステージにて真の力を発揮する必殺技パーツです。

攻撃・照準・運動UP、「宇宙」にいると攻撃・照準・運動UP、気力上昇ごとに攻撃・照準・運動UP、地形適応がA以下ならSへ変更、ビーム・打撃・斬撃ブレイクUPを持ちます。

気力上昇ステUPが3(4)%としょっぱいですが、無条件のステータス補正に加え「宇宙」にいると追加でステUPが付与されるので宇宙では気力上昇ステUP8%組と同等の補正値となるので十分に高倍率と言えるでしょう。そしてここから地形適応Sの補正値10%UP乗算されるので宇宙では非常に高いステータスを発揮可能です。逆に宇宙以外では無条件のステUPと気力上昇ステUPだけで戦うことになりますが、それでも気力上昇ステ7.5%組と同等であり、使えないというほどではありません。しかし宇宙以外では地形適応Sの補正が乗らないのでそこだけは注意しましょう。

攻撃力を9000と仮定し、敵の防御力0、気力170、オーブ0、戦闘回数5回、特性0の支援ユニット装備時(サブアビリティのみ考慮)の火力まとめ

特性0特性5
攻撃補正なし3184238681
「宇宙」
攻撃補正なし
3277839988

火力に関しては森だろうが宇宙だろうがそこまで大きくは変化せず基本は3種ブレイクUPを武器に回避ブレイカーとしての立ち位置となります。第4必殺技の「ハイパー・メガ・ランチャー(MAP)」があれば気力デバフ役もこなせるのでさらに活躍の場は広がります

「宇宙」にいることで真の性能を発揮ということで縛りがきつく感じますがその実、役割や起用するステージがしっかり決まっているというのは編成に組み込む際の目安としては見やすいものがあります。詰まるところ、「宇宙で強いなら宇宙で使えば良いやん?」であり、エースとしての汎用性で見ると最上位層に比べれば一段落ちますが、強みが出せる場所ではそこに肉薄する性能を発揮できる必殺技パーツです

装備はメイン?必殺?

メインで使用しましょう。

リセマラ優先度 B

Zガンダムの参戦は早く、序盤から役立ってくれます。ただ火力面での貢献度はそこまで高くないので優先度はそこまで高くないでしょう。

引けたら当たり?

3種ブレイクUPはやはり何かと手広く使用でき、フルパワーを出せる場所が限られているとはいえ、そこではしっかり仕事をこなしてくれます。十分に「当たり」と言える必殺技パーツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。