軟派な凄腕スナイパーの考察

AAAA
HP攻撃力防御力照準値運動性
229529102700267261
メインアビリティ・40%の確率で、戦闘時のみ敵ユニットの運動性を10(15)%ダウン
サブスロット・攻撃力が5(7)%UP。バランスタイプのみ更に攻撃力3(3.5)%UP

ユニークアビリティ

攻撃力UP攻撃力が1(10)%UP

精神コマンド 「脱力」 2回

バランスタイプの支援ユニットです。

付けておけば間違いない攻撃力UPから最強能力筆頭の「脱力」が使用できるようになる支援ユニットです。

バランスタイプに攻撃特化支援とほぼ同等(こちらの方が0.5%上)の補正を付与してくれるため火力上昇に貢献してくれるのは素直に嬉しいです。

そしてこの支援を語る上で外せないのは「脱力」の存在です。

脱力の効果は「相手の気力を20減少(100以下にはならない)」ですが、これがめちゃくちゃ強いです。スパロボDDでは気力上昇10ごとにHPを除くステータスに3%UPの効果がありますが要するにこれは「相手のHP以外のステータスを6%ダウンさせる」と同義です。

これだけ見ると所詮6%デバフと思いがちですが、高難度イベントなどでは「気力130以上でステータスUP」「気力120以上で精神発動」などのアビリティを持った敵が多数出現します、そのアビリティを軒並み封殺しますから単なるデバフに止まらない唯一無二の性能を誇ります。

そして支援ユニットという特性から「どんな機体にもセットして運用できる」という強みがあります。アタッカーとは別のユニットにセットして脱力だけを行い、アタッカーは火力UP精神をもりもりにして攻撃など、支援ユニットならではの柔軟な対応ができるのも素晴らしいポイントです

総合的に見ても最強クラスの支援ユニットと言っても過言ではない性能でしょう。

ですが、サブ性能だけで見れば上位互換が存在します。

メグの激励(マイコ)」の登場により、サブアビリティは全く同じ、あちらは攻撃力がこちらより300高いので精神をセットしないのであれば火力貢献という面では明確に劣る部分が出てきます。

とは言え、数値上では300ですが実際にサブスロットへセットした際は15%の45しか変わりませんから、攻撃力の数値からみれば誤差のようなものですし、この支援ユニットの根幹は「脱力」ですから高難度攻略に優位性があるのは変わりません。実際はデバフ役にこの支援を、アタッカーに「メグの激励(マイコ)」をという感じで適材適所で使い分けていくだけでこの支援が劣っていると感じることはないでしょう。

オススメ機体

火力UPとしてなら「スレイプニール」、「エヴァ初号機」、「グランゾン」などがオススメです。気力デバフとして見るならそれこそどの機体にセットしても仕事してくれます。

ダブったら重ねるべき??

重ねるのはオススメできません、絶対に取っておきましょう。制圧戦などでは長期戦や相手のアビリティで即座に気力が上がることがありますので1枚だけでは対処しきれない場合も出てきます。この支援を重ねるならそれこそ20枚も30枚も被っている場合や、今後「脱力」持ちの支援ユニットが現れた場合のみです。

リセマラ優先度 C

支援ユニットですのでサブスロットにセットした方が有用です。リセマラは余程のことがない限りは武器をオススメします

引けたら当たり?

現状「脱力」が使用できる支援ユニットはこの1枚のみです、相手の行動を抑制し攻略を優位に進めてくれますから「大当たり」と言えるでしょう。今後「脱力」持ちの支援が出てきてもその支援と合わせて使用すればいいだけですので絶対に腐ることのない支援ユニットと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。